2017年6月10日土曜日

先週は六本木 今週は山深いところ


2号店が開店して間もないというのに

先週のお休みは六本木の新国立美術館でミュシャ展を

今週のお休みは 飯豊山麓のひなびた温泉へ

両極端の場所に行くのも

それはそれで 面白い


ミュシャの晩年の大きな作品は

海外に出たのは世界初

装飾的なポスターやパネルになった

アール・ヌーボーのものは有名だけど

今回は 晩年の大作20点が来日

6m×8mという大きさのキャンバスには

スラブ民族の苦難と栄光が描かれているという

正面を見据えた若い女性の眼差しには

生きていく困難や 憤りが込められている

日本の人々の苦難を描くには

どんな絵になるのでしょう


飯豊山の麓には

マタギの館(閉館でした)などがあり

いかにも クマがいそうな雰囲気たっぷり

古くからマタギの里として有名だった場所

イワナのお造りや甘露煮に舌鼓


うちにいると 山ほど仕事があるけど

プイッと 離れてみるのも

リフレッシュになって

とってもいい と思った






 
コメントを投稿